感じたこと

日本人もすてたもんではないな、と感じた出来事。電車の中で見知らぬ人同士助け合った話。

更新日:

Pocket

先日、電車の中で遭遇したできごとです。

 

心が温まりました(^-^)

 

エピソード

電車に乗っていたときに、車椅子の可愛い女子大生が困っているところに遭遇しました。 

  
私は座席に座っていて、その女の子は電車のドア付近でキョロキョロ誰かを探しています。 

  
すぐには状況を把握できずに、なぜかわたしも一緒にキョロキョロしては誰を探しているんだろうな~って思って見ていました。

  
でも、電車のドアが閉まる瞬間の女の子の泣きそうな表情を見て、

「あ。電車を降りたかったんだな。」

と気付きました。

 

非情にもドアは閉まり、電車が動き出してしまい、どうしよう。話しかけようかな。って思った瞬間、女の子の方から近づいてきました。

 

女の子
さっきの駅で駅員さんが迎えに来てくれることになっていたんですけど、現れなくて。
女の子
大学に送れちゃう。どうしよう。次の駅で降りたいんだけど・・。

 

あらかじめ、「◎号車に乗っているので、乗り降りするためのスロープを持って来てほしい。」と駅員さんにたのんであったんですね。 

 

それで、キョロキョロ駅員さんを探していたというわけか。 
でも、来なかったと。 

 

困ってしまって

わたしもどうしたらいいのかわからなくて、ひとまず電車の運転手さんのところまで行ってみよう!と思いました。

 

わたし
ちょっと先頭車両まで行って相談してきます。すぐ戻ります!

 

で、運転手さんのところへ行ってガラス扉をコンコンコン!ってノックしたんですけど振り向いてもらえなくて・・・

 

そりゃぁそうですよね💦

 

多くの乗客の命を背負って運転中なわけで、線路に異物があったら緊急停止とかしなくちゃいけないんでしょうから。

 

でも、その時は気が動転していて無心にコンコンしてしまっていたんです。

 

そうしたら、近くに座っていたオジサンが

「運転中はムリだよ」

とポツリ。

 

その時、ワラにもすがる思いでオジサンに話しかけました。

 

「あっちの車両で車いすの女の子が困っているんです。さっきの駅で降りたかったのに、お願いしていた駅員さんが来てくれなかったそうなんですよー。だから、次の駅で降りて、また1駅戻らなくちゃいけないから、誰かの助けが必要なんです!大学に遅刻しちゃうみたいなんです!」

 

一気にまくしたてました(=゚ω゚)ノ

 

優しさに感動

すると、どうしたことでしょう!

 

ガラガラの車内のどこからそんなに?ってくらいワラワラと男性が集まってきてくれたんです。

 

さっきまでヘッドホンして、スマホをいじっていた男の子なども。

 

ヘッドホンしていても私の声は聞こえていたのね(;^_^A

 

で、全員をひきつれて車椅子の女の子の待つ車両へと戻りました!

 

大行列ですよ!!総勢6人の。

その車両を出る時はひとりだった私が、戻るときは味方5人も増えたんですから。

 

ちょっとビックリじゃないですか?

 

気分はさながらRPGの戦士。

 

次の駅で

大勢の男性陣のお力添えの甲斐あって、車椅子を持ち上げて無事に次の駅で降りることができました。  

でも、まだやらなくてはならないことがあります。 

 
駅員さんを探して、ひと駅戻るための手助けをお願いすること。 


ホームをくまなく見渡しましたが、残念なことに駅員さんはひとりもいらっしゃいませんでした。  

 
一所懸命だったので気づくのが遅れてしまったのですが、男性陣のうち二人の方も一緒に駅に降り立ち探してくださっていたんです。 

  
私はたまたまその駅が下車予定の駅だったので良いのですが、他の方はどうだったのでしょうか

 

もし、手助けのためだけに電車を降りたのだとしたら、なんて心優しい方々なのでしょうか(*´Д`)


けっきょく、改札階までエレベーターで移動して駅長室まで行って声をかけることとなりました。 

 
その時も見知らぬ男性が一緒です👮  

 

駅員さんに事情を伝えると「皆さんお連れの方ですか?」と質問されました。  

 

男性A
いえ。たまたま居合わせたものです。

 

なんだか、胸が熱くなった瞬間でした。

 

最近の日本人は、人と人との付き合いが希薄化し、ご近所に誰が住んでいるのかもわからない。   

 

いじめは子供だけでなく、大人社会にも蔓延しています。 

 
いっぽうで、災害時にも周囲の人を気遣い、モラルを失わない精神を持つと言われて海外メディアからクローズアップされたりもします。

 

日本人の良いところってあまり実感としてなかったけれど、ふとした日常の中で助け合いが自然にできる人たちがいて、その人たちが当たり前のように行動しているシーンをまのあたりにして、嬉しくなりました。 

 

日本人もすてたもんじゃないなって。

 

爽やかな別れ

その車椅子の女子大生の女の子がとってもキュートな笑顔の子だったことと

最後まで付き添ってくださった青年が、いかにも誠実そうなまっすぐな目をした方だったこともあって、

 

駅員さんにお任せして、即席チームが解散する瞬間、本当に爽やかな風に包まれました。   

 
そして、お互いが「有り難うございました」と言い合って手をあげて去っていく瞬間、本当にほんとうに今日は良い1日になりそうだなという気持ちになったんです。

 

むかし、よくテレビコマーシャルで流れていた日本船舶振興会の笹川会長のセリフ「1日1善」の言葉を思い出しました。 ☚懐かしい! 

 

以前、わたしが階段しかない駅を重いスーツケースをひとりでガタガタいわせながら運んでいた時に、手伝ってくださった優しいビジネスマンの方がいらしたことも思い出し、あらためて感謝の念を抱きました。

 
「情けは人のためならず」できることをしていきたい。とつくづく思ったのでした。

Pocket

 

本当に最後までご覧くださいましてありがとうございました♪

また、明日もお会いしましょう♥

おすすめ記事はこちら♡

1

  吹き出物で悩んでいる方に、ぜひ一度試して頂きたい化粧水があります🐭   何をやってもニキビが治らなかった私の奮闘記です👑   お肌の悩みが無くな ...

2

  夏は、汗で化粧が崩れるので、つらいですよね💦   すっぴんで外に出られる顔の持ち主であれば、少しくらい汗でお化粧が流れたって気にならないと思いますが・・・ わた ...

3

  宅配で、厳選された食材を受け取れる「オイシックス(Oisix)」   とっても人気なので、知っている人は沢山いらっしゃると思うんですが、毎月の料金を超お得にする裏技があります& ...

4

  わたくし、美容皮膚科でできるフォトフェイシャルやフラクショナルレーザーをこよなく愛しています💕   本当は、月に2回くらいでコンスタントに通いたいんだけれど・・ ...

-感じたこと
-

Copyright© 華やかに、たおやかに。 , 2018 All Rights Reserved.