仕事

フリーランスを続けていて、心が折れた時、折れそうになる時の対処法。

更新日:

Pocket

 

わたしは、長年フリーランスでアナウンスのお仕事をしています🎤

 

お仕事の依頼をいただいて初めて業務が発生する働き方です。

 

自由で楽しそうに見えて、大変なこともいっぱい❕なことは、同業の方々ならわかっていただけるんじゃないかと思いますが・・🌟

 

わたしの心が折れた時のマインドの持っていき方を少し紐解いてまとめてみます✋

 

フリーランスの自己管理

自分が商品なので、自己管理(体調管理、精神管理、時間管理)は信用を維持するために、最重要課題です。 

 

でも、時々メンタルが折れます。

 

いつもいつも思い通りにお仕事があるわけではないし、自分の能力の限界を感じて落ち込むときもあります。

 

人間関係だって、はたから見ているよりもずっと大変だと思います💦

 

企業勤めだったら大目に見てもらえるかもしれないことでも、何かミスがあれば、すぐに首をすげ替えられます。たぶん。

 

替えが効くのが外注で仕事をお願いするメリットでもあるでしょうから、それは仕方のないこと。

 

でも、そうならないように、少しでも良い人間関係を気づくべく、こちらとしては心をくだきます。

 

あまりヘコヘコ媚びへつらうのも嫌だけど、仕事をもらうのが当たり前のような、惰性の仕事ぶりになったが最後、「チェンジ」を言い渡されるから気が気ではありません。

 

自由でいいな~と勘違いされがちなフリーランスという働き方ですが、自由にはリスクと責任がセットです。 

 

責任とは、自分の仕事にプロとして責任を持つということ。

 

どんなに高熱が出ようともよっぽどのことが無い限り、誰に相談することもせず、ひたすら隠し通して、いつも以上の仕事を全うするのがフリーランス。

 

たまに現場で、社員さんが「きのう飲みすぎで~」と口にしているのを聞き、そんなことを職場で言うなんて私には考えられないわ~。と思います

 

「飲み過ぎで体調悪いの?だいじょうぶ?」って心配してほしいの!?

体調管理ができない無能な人間ですと自分で言っているみたいなもんじゃないかと思う。

 

「風邪気味で~」と口にしているのを聞いても、わたしは、心から「カゼをうつさないでくれ!」と祈るだけです。

 

相手への気遣いも多少はしますが、正直言って、自分への心配のほうが大きい💦

 

変わりはいない。というか、変わりはいくらでもいるからこそ、ライバルに席をゆずって空けるわけにはいかないのがアナウンサーの世界。

 

いえ。フリーランスはどの世界も一緒かな!?

 

オファーが途切れたとき

レギュラーの仕事が切られた時には、自分のすべてを否定されたように感じ、あぁもう自分は世の中に必要とされていないのかな。と自分を卑下し、落ち込むこともあります。

 

そういう時には、自己否定感ハンパないです⤵

 

世の中の模範解答としては、「次のチャンスのために自分を磨いて待つべきだ。」となるのでしょうが、そんな前向きな気持ちになれないときがあるのです。

 

立て続けに選ばれ続けていた、売れっ子の時にテングになっていた自分を振り返り、反省の気持ちも芽生えます。

 

イケイケの自分の時には気づかなかった、弱者の心理。つらさ。

 

だから私は、痛い思い、傷ついた経験のある人間の方が好きです♥

 

プラス思考に転じるキッカケ

けっきょくのところ、仕事の鬱は仕事の浮上でしか拭うことはできない!と思っています。

 

何度ダメでもがむしゃらにチャレンジして、小さなアクションを積み重ねて、納得のいく落ち着きどころを見つける。

 

これしかないです。

それまでの期間は、波動の良い友人知人に会って気持ちを高めるのも効果あり💡

 

逆に、このタイミングで愚痴を言い合うような知人に会ってしまうと、どん底が長引きます⤵

 

前向きに、前向きに。あくまでも未来は今より明るいと信じて・・・。

 

仕事が無くなった時の悲しみを知っているからこそ、いまそこに仕事がある現状に、幸せを人一倍感じられるのがフリーランス✨

 

不遇の下積み時代があったり、ないがしろにされた経験のある人ほど、仕事に真正面から真剣に取り組める素養が強いと思います。

 

シゴトがあるのが当たり前ではなく、ありがたいことだと知っているからこそ、限界に挑戦し、全力を出し切って頑張ることができるのです。

 

「あなたに頼んで良かった」そう思ってもらうために、出来うる限りのことをする!

それがフリーランスだと思っています。

 

心が折れた時の経験を自分の糧にしていくたくましさが必要です。


キムタクもSMAP解散の後に「僕らの仕事は、求められて初めて成り立つ」と表現していましたが、

別の言い方をすれば、「干されたらそれで終わり」ということ

 

求められなければ、仕事は無いということ。

 

あとで後悔しても仕方が無いので、目の前の作品一つ一つに悔いの無いよう自分の魂を込めていきます✨

 

営業活動が苦手なわたしは、それこそ、仕事の結果における評価でリピートをいただくしか手がありません。

 

毎日が就職活動

フリーランスにとっては、毎日が就職活動(オーディションみたいなもの)です。

 

わかりやすい営業を毎日するわけでは無くても、日常の仕事すべてが評価の対象になり得るということ💡

 

選ばれる喜びを頻繁に味わうことができる「やりがいのある働き方」とも言えます。

 
逆に、ジェットコースターのような精神状態が疲れるという方は、フリーランスより勤め人が向いているかもしれません。

 

変化を楽しめる人。もしくは、変化がないとつまらないと感じる人は、フリーランス向き(*´∀`)

 
わたしはどちらが向いているのでしょううか………

20年働いていても、正解はわかりません

 

とにかく、たくましく。

たとえ心が折れようとも自分で選んだ生き方なので、自力で立ち上がるしかない。

 

それに気づくことこそが、近道。

 

助けてくれる人は基本的にいないということを肝に銘じて、あきらめずに一歩、また一歩と自身の足で進み続けること。

 

フリーランスが立ち直る道は、これしかないと思います。

 

根性が据わってくる自分に、きっと気づくことでしょう・・・

 

「終わった人」について考えた記事はこちら

Pocket

 

本当に最後までご覧くださいましてありがとうございました♪

また、明日もお会いしましょう♥

おすすめ記事はこちら♡

1

  吹き出物で悩んでいる方に、ぜひ一度試して頂きたい化粧水があります🐭   何をやってもニキビが治らなかった私の奮闘記です👑   お肌の悩みが無くな ...

2

  夏は、汗で化粧が崩れるので、つらいですよね💦   すっぴんで外に出られる顔の持ち主であれば、少しくらい汗でお化粧が流れたって気にならないと思いますが・・・ わた ...

3

  宅配で、厳選された食材を受け取れる「オイシックス(Oisix)」   とっても人気なので、知っている人は沢山いらっしゃると思うんですが、毎月の料金を超お得にする裏技があります& ...

4

  わたくし、美容皮膚科でできるフォトフェイシャルやフラクショナルレーザーをこよなく愛しています💕   本当は、月に2回くらいでコンスタントに通いたいんだけれど・・ ...

-仕事
-

Copyright© 華やかに、たおやかに。 , 2018 All Rights Reserved.